読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トじゃないよ!ドだよ!

 

 まぁ何にでも「にわか」はつきもので、それがきっかけでのめり込むものもあるわけで...。

 僕にとってのそれとは「バドミントン」、正確に言えば今や自他共に認める?新語・流行語大賞にもノミネートされた、タカマツ・ペアの松友美佐紀選手の大ファン。この夏のリオに始まり、先日のヨネックス・オープンはもちろん、先週末の2年連続で優勝を決めた全日本総合も、朝まで遊んでも連日観戦しに行くくらい完全にハマりつつある模様(笑)。

 もともと自分は一切やらないのに(近くに住んでいたとは言え)全豪以外のテニスのメジャー大会は観戦しに行った事があるくらいなので、同じくラケットを使う競技繋がりでハマる要素はあったはずなのに、なぜかこの歳になるまで全く引っ掛からなかったから不思議。

 でも一度ハマっちゃうと、とにかくあのスピード感と力強さに、松友選手のみならず、男子の試合も相当面白い。特にダブルスなんて生で見ると卓球のラリーにバスケットを足したみたいな躍動感でビックリ!

 そう考えると彼女たちの功績って大きいですよね、是非ともこのまま2020年に向けて一気に人気が拡大して行って貰いたいもの...なーんて思っていたらアメアスポーツのお友達から「石光君さ、松友選手のイベントあるんだけど来る?」なんて嬉しいお誘いが(感涙)。もちろん予定も確認せず、正しくは二つ返事でも気持ちは一つ返事で行ってきました、三日連続の代々木第二体育館!『BIG W EVENT ウイルソン バドミントン史上最大規模イベント』へ!

f:id:hynm_ishimitsu:20161205181608j:plain

 自分が到着した時点ではウィルソンのメルマガから応募した沢山のお客さんが長蛇の列を成していたので、その人気の程をうかがうことができました。そして、受付を済ませるとそこには歴代の松友モデルが鎮座!もうこの時点で上がりまくるテンション(笑)。それにしてもペイントのディティールがいちいちスゴい!これ男性向けの松友モデルとかスキーの板とかあったら意外と売れそうな気がしなくもないかも。

f:id:hynm_ishimitsu:20161205181613j:plain

 そして、遂に松友選手の登場♪

f:id:hynm_ishimitsu:20161205191754j:plain

 この日は一般(とは言っても皆さん受賞歴アリの腕前)から選ばれた6名が松友選手、ならびにこの日に引退を発表したリオ五輪代表の佐々木翔選手と対戦できると言う夢のようなイベント。

f:id:hynm_ishimitsu:20161205194636j:plain

 そして、その中でも対戦相手には佐々木選手とアテネ五輪代表の森かおりさんと言う錚々たるメンバーにも全く怖じ気づいた様子のない、キッズバトミントン東北のU-7でも優勝経験のある8歳の畑山想来(そら)ちゃん。立派だなぁ。思わず自分の子供と比べてみたり(笑)。

f:id:hynm_ishimitsu:20161205194037j:plain

f:id:hynm_ishimitsu:20161205193841j:plain

 A代表コーチの舛田コーチに、北京・ロンドン五輪代表でウィルソンのブランドアドバイザーの池田信太郎さんの実況で、試合では見られない笑顔も垣間見られて終始和やかな雰囲気。そこに場違いな自分がiPhone7 Plus片手にこんな事しているわけで、本当に申し訳ないやら、近くて超嬉しいやらで、先日の錦織くんとのランチ以上に緊張してみたりで、自分にとっても最高の経験でした(笑)。

f:id:hynm_ishimitsu:20161205194618j:plain

 まだ書くことがあるのですが、長いと読んでもらえないので続きはまた明日。あ、これステマじゃないですからね、ガチマですから(笑)。なおイベントの模様は下記のリンクからも録画で楽しめるようなので、気になった方は是非!

 そして、明日も言いますがはるちゃん本当にありがとう!マジでありがとう(涙)!

 

freshlive.tv

www.wilson.co.jp