読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小豆島 讃岐うどん 直島

 

 すみません。ゲスト来日中につきまたもや途切れ気味。いまやタイムリー感もなにもありませんが気にせず更新しちゃいます。

 結局翌日の朝も濃霧という事で朝から船は欠航。この日は豊島に行って豊島美術館豊島横尾館を訪れてから直島へ向かうという予定だったのですが、こればかりは仕方ない(笑)。負け惜しみのように聞こえるかも知れませんが、ここまで見えないと本当に笑ってしまうレベルなのです。あとは朝から温泉に入ってホテルの部屋でゆっくりと霧のが晴れるのを待つのみなのですが、最終的には直島のホテルに泊まるというのが今回の旅の残り半分の目的(もう半分は寝台列車)だったので、とりあえず前日の経験から11時前には港へ向かう事に。

https://instagram.com/p/0Y9QS2Oczx/

そして朝のハイライト。見えない(笑)。

 

 もともと小豆島から直島に向かう船(直行便はなく豊島経由)は便数が少なく、また仮に豊島に渡る事ができたとしても、美術館巡りをした後に(しなくても便数がないので一回下船すると結局同じ便数しか残らない)果たして直島まで辿り着く事ができるのか。チャンスは残り2回(便)。時間が刻々と迫る中、下した結論は一旦高松に戻ろうと。そうすれば最悪夜まで5便が残っているのでより確実に直島に渡れる。

 不思議なもので一回そう決めてしまうと、豊島に行けなくなった事よりも確実に直島に行けそうな事が嬉しくなり12時過ぎに晴れて船に乗った途端に売店でビールを購入。スナックっぽい内装にテンションがあがり酒も進み、傍らで供されていたうどんに手を出しそうになりますがココは我慢。結局高松に着いた時にはほろ酔い気分でそのままコインロッカーに荷物を放り込み、食べログアプリを頼りにうどん屋へ直行。

https://instagram.com/p/0ZcNh0uc7V/

温玉ぶっかけ・冷

 

 朝から待ちすぎて時間の感覚がおかしくなっていたようで結局お目当てのお店には時間的に間に合わなかったものの、客待ちをしていたタクシーの運転手さんに尋ね近くのお店で祝・初讃岐うどん。今度はゆっくり名店と呼ばれるお店を食べ歩きたいものです。 その後雨がポツポツと降ったものの定刻には無事にフェリーが出て、朝の7時に起きてから9時間かけて直島に到着。

https://instagram.com/p/0ZqkAvuc5q/

Finally!

 

そして部屋に案内された頃にはこんな感じに♪ ここまで待ったからこそ感慨一入。

https://instagram.com/p/0Z2mR0Oc1q/

大満足♪

 

 なんて、全く進まないうちに明日から京都でゲストと合流です(笑)。

 

1432twit.jpg title_logo.jpg Instagram