読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

California

 

 

 カリフォルニアと聞いて真っ先に思い出すのはバブル真っ直中に日本を離れてビバリーヒルズに高級コンドを購入した、今は亡き親友のお母さん。日本に残った息子が来ていようがいまいが、いつでもいらっしゃいと言われオフになるとミラノから良く遊びに行かしてもらっていた思いでの地。本当に色々なものを見せて貰ったり、食べさせて貰ったり贅沢三昧をさせてもらった実に懐かしい思い出です。

  そして、いくつか連れて行ってもらったレストランの中でもベニスにあった(名前は失念してしまいましたが)とてもお洒落な日本食のお店の事をこの曲を聴くと思い出します。和食とは言っても客のほとんどが地元のセレブばかりといった感じでしたが、お店にいると必ず何回かビートルズの"Happy Birthday”が大音量で流れ、ケーキと共に奇声が上がるというお約束のセレモニー。そしてその後に必ず流れるこの曲、例の所で店中の人が手を叩いたり、床を鳴らしたりと変な一体感でそれが終わると何もなかったかのように普通に食事に戻るという、むしろこれをしたくてみんな来ているような感じで... もちろん自分もあえてここをリクエストして祝って貰った事は言うまでもありません(笑)。

 ちなみにこのアルバムカバーのモデルになっているBeverlyHills Hotelの1階にあるレストランのHuevos Rancherosは僕的にはどこよりも美味しいと思える逸品ですので、お近くに行かれる方は是非。外のテラスで食べるのがオススメです。

 

 そして、その当時Power106でヘビーローテーションだったTLCの"Baby Baby Baby"やShaniceの"I Love Your Smile"は、お母さんに借りた横目の560SLで1時間に何回も聞いたほどで、今でも運転している時にかかると当時を思い出してアガる曲。もっとも最近はもっぱらジョニー・ミッチェルのアルバム「BLUE」がお気に入りで、ホテルの部屋や街中はもちろん、近郊へのドライブには欠かせない一枚です。

 

 で、やっぱりカリフォルニアって言ったらオープンだよねって事で先日のジュネーヴで公開されたV8ターボエンジン搭載のフェラーリカリフォルニアT。実はこれが今日の本題(笑)。でも最近街中でモンディアルTとか308、はたまたラゴンダなんかを見かける度にそのクラシカルな外観が愛らしい現行のカリフォルニアを思い出していたので、もうちょっと古く臭さが残ってくれていればなぁ...なんて思って見たり。

 

 それでいうと今コーンズのHPに載ってるようなきれいな456GTAを今のうちにゲットして大切に乗り続けるのもいいかもしれませんね♪色もシルバーで良い感じです。

 そういえば全然話は違いますが、☟コレのオプションで47個のスワロフスキー・クリスタルを使ったLEDライトって言うのがくだらなくてとても気になります。

 

 あれ?...って、やっぱり車とか興味ありませんか(笑)?

 
 

1432twit.jpg title_logo.jpg Instagram