BILLIE EILISH - WHERE WE ALL FALL ASLEEP WORLD TOUR in NYC Pt.2

 

 前回も少し触れたように、何と11年ぶりのNY(嘘みたいな本当の話)だったのですが、そこまで足が遠のいていた理由の一つが、その飛行時間。 もちろんそれと同時に、毎月のようにゲストが世界中から訪れてくるので、正直そんなに長い時間わざわざ飛行機に乗ってまで会いに行かなくてもなぁ...っていうのが常にあって。

    インスタをはじめとするSNSもその億劫さに輪をかけていたのも事実。何せ昨日の夕飯はもちろん、今朝のアウトフィットですらわかっちゃう始末。昔はそれが(相手)がどうしているか見えないから、実際に会いに行く必要があったわけで…。

 そして今回、夜中にチェックインと書いて、ん?っと思った人もいるかもしれませんが、あまりにも直前に決めたのでとにかくチケット代が高いっていうか、ほぼ正規(笑)。そこで色々と探して「これだ!」と落ち着いたのがアメリカン航空のロス経由で行くというパターン。えぇ?直行じゃないのって思うかもしれませんが、これやってみると超最高!

 何が良いって、まず「これから14時間近くも飛行機にのるのか、いやだなぁ...」っていうのがない(笑)。ま、10時間ぐらいならラウンジでシャワーを浴びてスッキリしたら、あとは機内でパジャマに着替えてシャンパン飲みながらベッドやソファでゴロゴロしてると思えばなんでもない。てか、本当にこの路線の(どうやら期間限定っぽいけれど)アメリカン航空Flagshipビジネスは最高に良かった!

f:id:hynm_ishimitsu:20190703185609j:imagef:id:hynm_ishimitsu:20190703190723j:image

 その上、今回は追い風が強かったお陰で9時間くらいでロスに着き、予定よりもだいぶ早かったのでゲート横付けではなくバス移動だったのですが、これが結果大成功でイミグレーションも「え?誰もいない(本当にひとりもいない)けど、ここでいいんだよね?」って、ものの5分もかからずに終了。この季節だし預けた荷物もないので、そのまま出て、再度手荷物検査を受けたらラウンジに直行。で、またサクッとシャワーを浴びて小一時間お酒を飲んで、再び機内に移動して今度は別のベッドとソファで5時間ダラダラしていれば、そこはNYっていう。

  ま、本当はここからが耐えどころで頑張って起きていれば良かったんでしょうけれど、正直良くまぁみんな夕方6時の飛行機に乗って8時くらいに機内食がサーブされてちょっとしたら、嘘みたいにみんな寝始められるなと。一体普段どんな生活をしてるのかが不思議なくらい...ってお前だよ!的なツッコミはかわさせてもらうとして、NYまでの5時間なら余裕だろうと思っていたのもつかの間、国内線のビジネスもなかなかどうしてかなり良い感じ(って言うよりも、東京から乗ってきたFlagshipビジネスをファースト設定にして、ひと昔前の長距離国際線ビジネスが長距離国内先のビジネスにシフトしてる感じ?)で、バッチリとフルフラットで熟睡(死)。

f:id:hynm_ishimitsu:20190703173301j:image

 ショート・スリーパーの自分が4時間も寝たら、そりゃもう充電満タンなわけで。

 また長くなるどころか、完全に話が逸れちゃいましたけれど、それも旅行記の醍醐味って事でお許しを。次回こそ、ちゃんとビリーのレビュー書きます(笑)。

 

BILLIE EILISH - WHERE WE ALL FALL ASLEEP WORLD TOUR in NYC

 

 それはとある4月の日のこと。長年の友人であるフォトグラファーの INEZ & VINOODH たちが、とある撮影のため(この辺りは近々に情報解禁になると思うので追ってまた)に来日していた時のお話。

 それで言うとちょっと話は前後するけれど、ここ最近事あるごとに周りの友達はもちろん、来日するゲストたちに猛烈にプッシュしているのが、ビリー・アイリッシュ。もう2年近く前かな?初めて彼女の作品の聴いた時の衝撃と言ったら、まるでマーベル作品 (ほとんど知らないけれど)かのごとく透明な波動が辺りに走ったかのようで「何だ、これ! え?誰?」って感じ(笑)。

 イネスたちが来る直前に来日していた、これまた長年の友人であるマリオ(テスティーノ)にも車内で流していたらまんまとハマって、早速その場でShazamしてSpotifyからダウンロードをするほど。64歳にして良い物を見分ける直感と、即座に行動に移すバイタリティにはいつもながらに感嘆すると同時に、世代を超えて訴えかける彼女の音楽の凄さに改めて驚かされたわけで...

https://www.instagram.com/p/By43RhKH2J7/

 で、話を戻すと、イネスたちと次のロケ地へ移動中の車内。何やら後ろの方でガヤガヤと騒ぎがおきたかと思ったら、プロデューサーのマークがひと言「フミアキ、6月17日にビリーの撮影が決まったからおいでよ!」と。途端にイネスたちも「え?ファンなの?じゃあいらっしゃいよ!」と。

 そして、ここからの心情が結構複雑で(笑)。もちろん大前提として「やった〜!ビリーに会える〜!」って言うのがあるんだけれど、こんなに簡単に会えちゃっていいのかな?とか、どちらかというと曲が好きなんだよなぁとか、正直NYまで行くのが面倒くさい...等々、数えだしたらキリがないとはまさににこの事。そしてこのグダグダ劇はなんと出発直前まで続き、とどめのひと言が「18日のチケットも押さえてあるから、待ってるわよ」と。「え〜!コンサートまであるの〜!?」って事で、金曜日の夕方に慌ててESTAを申請して、その日の夜に飛行機を予約して、土曜のお昼過ぎにホテルも予約して(向こうからのオススメを待っていた流れで)、日曜から実質ほぼ3.5泊の弾丸で行ってきました、NY!

 細かい事はまたの折に触れるとして、なんと気付けば11年ぶりっぽいって事に気付き、どんなもんかと訪れたものの、そこはミラノと同じく長年住み慣れた勝手知ったる街。何も変わらぬいつもの風景に安心しつつも、へぇ、セブン・イレブンあるんだって言うのがせいぜい驚いたくらいで、懐かしい街の匂いに包まれながら、翌日(正確に言えば夜中にチェックインしたので数時間後)の撮影に備えて、大人しく寝ましたとさ...って事で、長くなるので続きは次回へ(笑)。

 それではみなさん、素敵な週末を!

 

 

MOTORPOOL Ellen Allien MISTERGENTLEMAN

 

我らがDSKE率いる、自分的東京No,1パーティー "MOTORPOOL" が、いよいよ明日、5月11日 (土) 10:00PMより、渋谷 Contact Tokyoにて開催!

f:id:hynm_ishimitsu:20190510173448j:plain

 細かい事はさておき、みんなで楽しみましょう!...って言いたい所ですが、まぁ折角なので、以下抜粋(笑)。

==========

東京屈指のジェンダーミックスパーティにベルリンテクノシーンの女帝が降臨

Motorpoolは、あらゆる価値観のパーティピープルがひとつになって自由な自己表現と活き活きとしたクラブミュージックを祝福する空間を提供する、LGBTQ+の未来を見据えた東京屈指のパーティだ。

今回のMotorpool、Studio Xがフォーカスするのはテクノ。とりわけ胸アツなのが、ヘッドライナーのEllen Allienだ。地元シーンのタフな環境に深くかかわりながら、名レーベル〈BPitch Berlin〉を率いるプロデューサーとして新たな地平を切り開いてきたレジェンドだ。テクノのテンプレートに表現豊かな独自のひねりを炸裂させてきた彼女が、もうひとつの到達点となる8枚目のアルバム「Alientronic」のリリースツアーと銘打ってMotorpoolにやってくる。

Ellen Allienに加え、日本屈指のロングラン・テクノパーティRebootで長年レジデントを務めあげ、2009年にベルリンに拠点を移した日本人アーティストKana Mechanikerが凱旋出演を果たす。Contactフロアには、40年超えのキャリアを誇る日本テクノ界の至宝、DJ Wadaが普段とは違うスペシャルセットで登場。90年代から続くレーベル〈Crue-L〉の首領Kenji Takimiも参戦するということで、経験に裏打ちされた熟練のセットが空間を彩る一夜になりそうだ。

今回も多様性、快楽、感動はもちろん、ハッとする意外性と刺激をばっちりカバー。パーティに必要な条件がそろったMotorpoolらしさを、この日も期待してほしい。

==========

f:id:hynm_ishimitsu:20190510171928j:plain

そして、GOGOボーイやドラァグクイーンも登場する、ジェンダーレスな会場限定で販売される、MISTERGENTLEMANとのコラボ・アイテム【MOTORPOOL TEE 各3,000円(税込) ・同CAP 各3,000円 (税込) 】も、超お買い得!

 

こんな素敵なイベントが、なんと23時までに入場すれば1,000円で楽しめるので、皆さん一緒に楽しみましょう!

f:id:hynm_ishimitsu:20190510023803j:plain

BEFORE 11PM
¥1000
UNDER 23
¥2000
GH S MEMBERS 
¥2500 
W/F
¥3000 
 DISCOUNT 
¥3000 
DOOR
¥3500

 

 

www.contacttokyo.com

 

季っ句 荻窪 美味しいお店

 

何年も前に出雲を旅した際に、松江で立ち寄ったお店が昨年の夏に東京に移転。

以来、ことある事に訪れては、その美味しさを堪能しているのが、荻窪駅南口から、まぁ自分の脚なら1分も歩けば辿り着く「季っ句」と書いて「きっく」と読む、若い料理人の菊池くんが、主に地元・島根から届く厳選された新鮮なオーガニック素材で腕を振るうお店。

https://www.instagram.com/p/BtNTXW0goaT/

この日は珍しく生きたまま届いたので...と言う事で、ドロエビのお造りからスタート。甘みと食感が最高に引き立ちます。

f:id:hynm_ishimitsu:20190131155905j:image

そして初めて食べた時から、その舌触りと味の虜になってしまった赤天!

これは島根でも浜田市というところに特化した名産品らしく、魚のすり身に赤唐辛子を混ぜ、細かいパン粉をまぶして揚げたもので、正直自分で買って火を通すよりも、ここでプロの絶妙な火加減でカリッカリに焼いて貰った方が確実に美味しいと言う代物で、行くと必ずお願いする逸品。

f:id:hynm_ishimitsu:20190131163429j:image

もうね、とにかくお酒がすすむ訳なのです。

ちなみにこのお店では、厳選された島根県の日本酒のみを揃えているので、料理に合わせたものをお任せで一合づつお願いするのが自分のスタイルですが、もちろん途中からはどれがどれかは覚えていません😂

f:id:hynm_ishimitsu:20190131160356j:image

宍道湖から届いたばかりの天然うなぎを塩焼きで頂いた後は、大山鶏も塩焼きで。

f:id:hynm_ishimitsu:20190131160546j:image

実はかれこれ (ある失礼な店主と喧嘩して以来) 7年ぐらい焼鳥難民に悩まされていた自分ですが、これをひと口食べた時に「あぁ、俺の焼鳥はこれでいいな」って思えたほどの絶品!

f:id:hynm_ishimitsu:20190131160904j:image

そして普段なら自分から好んでは口にしない野菜も、皆んなで食べると不思議なもので、このセリのしゃぶしゃぶもバンバン食べれちゃうんですよね。

えぇ、パクチーは食べられないけど春の七草とか山菜など、和物でクセのあるものは大好きなんです😂

ちなみにこのお出汁を使って、お造りで頼んだ切り身をしゃぶしゃぶして食べる事ができるのも、ここの名物スタイルなので、是非とも試してもらいたいところ。

もちろん最後の〆も忘れる事はありません。

f:id:hynm_ishimitsu:20190131161919j:image

この日は届いたばかりの、この時期にしか収穫されない大寒卵と言う卵で、名物の幻のTKGを!

f:id:hynm_ishimitsu:20190131162325j:image

大人が食べると運気が上がり、子供が食べると健康に育つと言われている、いつもの幻のさらに幻の卵。

また、このお店では定期的に、その時一番美味しいお米を炊いて提供しているのですが、この日もバツグンの美味しさ!

このTKGはランチでも提供されているようなので、おススメです💁‍♂️

もともと食べ歩くのが大好きで、遠くまで飛行機や新幹線に乗って行くのも気にならない自分ですが、このお店が出来てからは、その数が減った気がしなくも…どうだろう🤔

まぁ兎にも角にも、何を食べても美味しいお店なので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。荻窪かぁ...って思ったあなた、渋谷からせいぜい20分ですよ!

 

 

季っ句 荻窪

東京都杉並区荻窪5丁目29-11 プラザイナバビル 1F

03-6915-1511

営業時間
月・土 18:00〜23:00
火~金 12:00〜14:00/18:00〜23:00
日曜 祝日 定休

 

www.kikku.tokyo

 

JBL ENDURANCE DIVE

新しくゲットしたJBLENDURANCE DIVE 🎧

Bluetoothワイヤレスなのはもちろん、1GBメモリを搭載しているので、約200曲を本体に収録できる上に、IPX7防水、つまりこれだけで音楽を聴きながら泳げちゃう!...っていうスグレモノ🏊‍✨

着けてみて、まず驚いたのは、そのフィット感。 その形状ゆえに、いわゆる完全独立型よりもベストポジションを誰でも簡単にフィッティングできる手軽さ。

街中でも意外とこれがちゃんとできていなくて、インナーイヤー型なのに音漏れしてたりする人=本来の能力が発揮されていない状態の人をたまに見かけますね🤔

そしてなによりも音の良さにビックリ! 驚くほどの低音と広がり、それでいて輪郭がハッキリとしていて、さすがはJBLとうなってしまう臨場感🔊👏

これで9,699円って言う、超コストパフォーマンスに、またまたビックリ!

ちなみにメモリなしのモデル、ENDURANCE JUMPもあるので、単にBluetoothイヤホンをお探しの方は、そちらをチェックしてみて下さい💁‍♂️

いやホント!騙されたと思って、是非店頭で試聴してみて下さい😌

これからの季節、手ブラでサクッと走ったり泳げるのが楽しみです😍 ハルちゃん、いつもありがとうね😉

アルゼンチン料理

昨日はアルゼンチン大使館でシェフをしていた友達に案内してもらい、何気に人生初のアルゼンチン料理に挑戦😋🇦🇷✨

何よりこのボリュームで前菜プレートもついて1人2,500円って安さに驚き😳そして美味しさにビックリ✨

炭を仕込んだプレートでお肉が冷めることもなく、かつフレンチフライの上に乗っているので、火が入り過ぎる事もなく…👍

大人数でワイワイするにもピッタリ…っていうか、むしろ人数がいた方がオススメかも💁‍♂️

なんだ!ずっとこうすれば良かったんだ🙄?…って事で、ブログ?的な感じで再開してみます💁‍♂️

※詳細は写真をクリックして下さい☝️